帝王源は、L-シトルリン、L-アルギニン、プラセンタ等を配合した生涯現役を願う方を応援する健康補助食品です。

※当商品は医薬品では御座いません。よって、すべての方に効果があることを保証するものではございません。

老齢にして未だ年間500発以上の奇蹟の射精をみせるAV界の鉄人・徳田重男氏 77歳。なぜ、氏の精力は衰えないのか!
ただの絶倫男ではのみならず、堅く、太く、屹立するペニスと持続できる精神力、体力そして、男としての魅力を持ち続けられるのか!!
全米のマスコミがこぞって取材し、世界が「セックス・ターミネーター」と賞賛し注目した徳田重男氏に「衰えない絶倫魂」の秘密と、氏の身体を分析したこの種を専門分野とする理学博士が導き出した、本人も知りえなかった科学的根拠を公開しよう!

枯れかけた身体だから瞬時に実感できる「帝王源」のパワー!

1934年東京生まれ。幼少の頃よりエロに目覚め、数多のエロ映画に浸る日々を過ごす。学生時代から趣味である登山により、現在においても尚、エロい身体を持つ。名取りの域まで達している長唄で、情緒溢れる口説きの語り口を身にまとう。10数年に渡りAV男優として究極のエロ事師を演ずる。氏の性癖はその昔の疎開時代に創られた。数々の虐め、餓え差別、孤独感により極度のSと自虐的なMが徳田氏の中に同居している。その絶倫、精豪ぶりは、世界的に著名な全米のマスコミでも大々的に報道されたほど有名。

<海外メディアが取材したときの動画>
●Japan's oldest blue movie star at 75-year-old(現在77歳)


Japan's oldest blue movie star at 75-year-old
アップロード者 ITN. - もっとお笑い動画を見る。

<CNNが取材した時の記事-2008年07月28日>
CNN 徳田重男

参考記事:CNN.com/asia

<一部翻訳>

徳田重男は高齢者のポルノジャンルでは本物の一流であり、70代の女性や、時には20代の子を相手にすることもある。旅行代理店を退職後の第二の人生で、この先どのくらい続けられるかわからないが、80歳あるいはそれ以上の年齢になっても私は最後まで楽しみたい。
”彼の世代では彼はスーパースターだ”とアダルト動画ディレクターは言う。

徳田重男が愛飲しているサプリの秘密
帝王源



L-シトルリン<主成分>

シトルリンはスイカの原産地であるアフリカのカラハリ砂漠で自生する野生スイカ「Citrullus vulgaris」に多く含まれています。 L-シトルリンはアミノ酸の一種でタンパク質を合成しない遊離アミノ酸として体内に存在しています。このL-シトルリンは体内でアルギニンに変換され、血管拡張、血流改善作用の機能があります。 マカ同様にL-シトルリンも「天然バイ○グラ」と言われています。

砂漠のスイカ

最近では(2008年)米テキサスA&M大学の野菜果物改良研究所・所長ビム・パティル氏が「バイ○グラと基本的に同じ効果だ。副作用もない。」と指摘しました。ただし、医薬品との併用については明らかではありあませんので医師に相談の上、摂取して下さい。 L-シトルリンの作用メカニズムは、酸化窒素、サイクリック、GMPを産生して、陰茎の平滑筋を弛緩させ、血流の増加をもたらし、勃起を促す、といわれています。
【シトルリンに期待される効果】
精力増強/ペニスの血流アップ/冷え症の改善/生活習慣病(動脈硬化防止)防止などが期待出来ます。

L-アルギニン<主成分>

勃起は陰茎への血流の流れ込みを可能にする平滑筋の弛緩によりもたらされます。平滑筋を弛緩させる化学物質は酸化窒素と環状GMPです。酸化窒素を生み出す成分はアミノ酸の一種であるアルギニンです。アルギニンは陰茎平滑筋の弛緩を可能にする環状GMPの分解を阻害します。アルギニンは必須アミノ酸です。すなわち体内では作られないので食品から摂ることになります。このアミノ酸は、EDの男性において受精能力を増強、性的な機能に有効な成分と言われています。

L-アルギニン

アルギニンは問題なく血液中の酸化窒素を充足する真の自然的な方法のひとつです。それはまた、副作用なしにバイ○グラやシア○スのように作用する代替になるでしょう。これはED改善へのひとつです。
【アルギニンに期待される効果】
体脂肪の代謝を助け、筋肉組織を強くします/男性の精子数を増加させます/冷え症の改善/精神的、肉体的にも機敏・強化
また、老化や生活習慣病は体内でのアルギニンの量や働きの低下が原因のひとつになっている可能性があると言われており、老化防止、生活習慣病予防にも期待できます。

ムイラプアマ

ムイラプアマは、南米のアマゾン流域や湿地帯に生息する潅木です。 ムイラプアマには、男性性機能回復に著しい効果があり、先住民インディオにより伝承されてきたハーブです。

ムイラプアマ

ムイラプアマは、ブラジルやその他の南米諸国では、神経筋の強壮剤として、或いは無力症、 麻痺、慢性リューマチ、 男性性不能症、流感、運動失調症、中枢神経失調に用いられています。 ヨーロッパでは、男性性不能症、不妊症、神経衰弱、月経不順、赤痢の治療に用いられています。
【ムイラプアマに期待される効果】
強力な性機能増強作用/ホルモンバランス/神経システムの調整/胃腸機能の促進などの効果が期待できます。

発酵黒にんにく

強壮食品として古代から世界中で食されていたニンニクを熟成させたもです。生ニンニクに比べ抗酸化力は約10倍で、生ニンニクには無いS-アリルシステイン(癌予防/コレステロール抑制/動脈硬化改善/心疾患予防/アルツハイマー防止などに役経つ)も生成され、含有アミノ酸が生体利用率の高い遊離アミノ酸に変化し、疲労回復や美容に効果があります。

発酵黒ニンニク


【発酵黒にんにくに期待される効果】
疲労回復/スタミナ増強/コレステロール・血中脂質低下/動脈硬化改善/抗腫瘍・抗菌/老化予防・改善などの働きが期待されます。

マカ

アブラナ科に属する多年草で、世界でも最も高いペルー山中4,000mの高地で栽培されています。 マカはアンデス地域で数千年前から貴重な滋養食材として利用されて来ました。そして、1980年以降、マカの健康維持においての有益性が再認識され、男女共に利用者が増加しています。カブと同様の膨らんだ根は、アミの酸やミネラル類、不飽和脂肪酸などの栄養分やアルカロイドなどの有用成分を豊富に含んでいます。

マカ

マカは「天然のバイ○グラ」と言われるほど、効果を感じられる方が多いのですが、バイ○グラは「化学薬品」でありマカは「自然食品」になりますのでまったくの別物です。 つまり即効性だけで見ればバイ○グラ等「ED薬」が当然一番です。薬ですので当然です。しかし、勃起を強制させるだけの効果がある反面、体への負担も大きいのも事実です。 そこでマカの出番です。即効性は確かに期待出来ないかもしれませんが、マカの成分を摂取し続けることによって、体の内側からEDの改善が見込めるうようになります。実際にペルーでは、滋養強壮、慢性疲労回復、精力増強などの目的で、インカ帝国以前から人々に食べられてきた事実があります。
【マカに期待される効果】
活力増強/集中力・記憶力の向上/ストレス・疲労の軽減/精力増強/更年期障害改善/月経正常化/生殖能力促進/抗腫瘍作用/抗酸化作用などが期待出来ます。

トンカットアリ

トンカットアリとは”アリさんの杖”という意味で、何世紀にも渡って東南アジアで健康改善や強壮のために使用されてきたニガキ科の潅木です。トンカットアリは熱帯雨林の野生植物の一つで、直径15cmの幹になるのに約10年も要し、時間をかけてじっくりと成長していきます。使用部位は根で、グルコサポニンやポリサッカライドなどが主要成分となっています。

トンカットアリ

トンカットアリは、ロングジャックと言う名前でも知られていますが、テストステロンを含む男性ホルモンバランスを強化し、精力を増強します。精神面と肉体面の両方で効果があります。トンカットアリは、東南アジアで伝統的に使用されてきた植物で、エネルギーレベル、耐久性、スタミナを増大させ、精神疲労を減らすサポートをします。効果は朝鮮人参の5倍にあたるとの韓国での研究結果もあります。
【トンカットアリに期待される効果】
滋養強壮/男性機能の改善/ストレスに対する抵抗力の強化/テストステロン(男性ホルモン)の増幅/免疫力増加/精力増進/精子の増加と活性化が期待できます。 身体機能だけでなく意欲も高めるトンカットアリは、男性と共に女性の体調も支えます。

マムシ

マムシの皮を取り去り乾燥させたものを、反鼻(はんぴ)と呼び漢方薬として滋養強壮などの目的で用いる。また、胆嚢を乾燥したものは蛇胆(じゃたん(通称じゃったん))とよばれ反鼻よりも滋養強壮効果が高いとされる(蛇胆は、ハブやコブラの場合もある)。民間療法では強精効果を目的に乾燥させた身や生の身を焼酎漬けにして飲用する場合があり、マムシ酒(まむしざけ)と呼ばれる。また、目玉は生で飲用することもある。

マムシ


【マムシに期待される効果】
強壮/疲労回復/動脈硬化の予防/骨の強化/冷え性の改善/胃潰瘍・十二指腸潰瘍の予防

プラセンタ<新成分>

中国では約4千年前にプラセンタを乾燥させた「紫河車」が産後の回復や滋養強壮、などに使用され、秦の時代では不老長寿目的で皇帝が珍重していたと記録されています。 プラセンタは胎盤を意味する英語なのですが、現代では、プラセンタと言った場合、一般的には胎盤から有効成分を抽出したプラセンタ・エキスを指します。プラセンタエキスは自律神経とホルモンの総合中枢である間脳下垂体系の機能を活発にして、自律神経とホルモンバランスを調節します。プラセンタと聞くと「老化防止」が頭に浮かびますが、EDにも効果・効能があると医療現場で注目を浴びています。

プラセンタ


【プラセンタに期待される効果】
若返り/新陳代謝の活発化/活性酸素除去/強肝・解毒作用/血行促進・造血作用/自律神経調整作用

黄金比率
モニターテスト

ED歴10年

ご購入者様の感想

ご購入者様のお喜びの声

枯れかけた身体だから瞬時に実感できる「帝王源」のパワー!

戦中派のワシは、どん底の日本で生きること全てにおいて、全力で邁進してきた。とくに「欲」では獰猛な野獣よろしく、物欲・食欲・支配欲・性欲などに激しい渇望があった。
性欲に目覚めたのも物心ついたガキの時分で、初体験は近所の10も年上の姉様に夜ばいをかけて見事成功したという記憶がある。
性欲は男が生きる上で最大の底力だから、77になった今でも身体が女を求めるのは、生に執着するワシの生き様そのものと言えるじゃろう。
しかし、ワシも外国では「セックス・ターミネーター」などと呼ばれておるが、中折れや勃起不全の時期があった。50くらいの歳と記憶するが、子供も独り立ちして、そばにはシワくちゃの女房だけとなった頃にさすがに女房の体では勃たず、女にも興味が薄れてきた年齢だったのかもしれん。
その時期は同輩たちも仕事から引退し始めて、何に対しても「欲」が無くなってきたものじゃな。
そんな時に降ってわいた仕事が「AV男優」だった。これが後のライフワークになるとは当時のワシには夢にも思わんかったよ。
仕事と称し、色んな女優とセックスをした。
まずは、若い女優のエキスがワシを若返らせた。

徳田証言〜理学博士の定説

徳田氏の驚異の絶倫力を分析した理学博士によると、まずは幼少期からの女性に対するどん欲な興味と性交実績(回数)にあり、次にバランスの良いミネラルやビタミンを含む食生活、そして一番大きな要素は、氏が大好物だという、スイカにあるという。
氏はうり系やスイカ類が異常なまでに好きで、現在でも1日にひと玉を平らげるほど。実はそこに氏の絶倫伝説の秘訣があったのです。博士の説によれば、スイカに含まれるLシトルリンという成分は、血管を拡張し、血行を良くする作用や活性酸素を除去する作用があり、Lシトルリンを継続摂取することで、新陳代謝が活性化し、細胞の老化が抑制されるのです。つまり、Lシトルリンが血行をうながし、海綿体に新鮮な血液をどんどん送り込む、その結果、陰茎が通常よりも増大するという理論がなりたつそうである。さらに、Lシトルリンのサプリメントである「帝王源」には、Lシトルリンを効率よく体内に吸収させ、岩のような堅い勃起させるパワーを助ける成分として、アミノ酸の一種アルギニンを中心に今、注目のムイラプアマエキス、有機マカ、トンカットアリ、マムシ、発酵黒ニンニクなどのエキスも高濃度で配合。これで、勃たない男がいない程の天然成分にして最強の精力剤である。徳田氏が「これ一本!」と豪語する理由と絶倫伝説は確かに科学的にも立証されたのかも知れない。



「もう年だから無理」とあきらめたくない方に

注意

特定商法に基づく表記